ニュース、旅行記、日記等を気まぐれ更新。リンクはフリーです。コメント、相互リンク大歓迎^^
プロフィール

なかゆう

Author:なかゆう


旅行好きな新社会人です。
いいセンスを追求していきます。

総来場者数
現在閲覧している人
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒業旅行@九州だばい Part5

IMG_1587 - コピー


第1章 卒業旅行@九州だばい Part1

第2章 卒業旅行@九州だばい Part2

第3章 卒業旅行@九州だばい Part3

第4章 卒業旅行@九州だばい Part4



どうも!
11月に入り、とうとう今年も2ヶ月を切りましたね。早い早い…
人肌恋しい季節にもなってきましたよ、うんうん。

さて、今回は『卒業旅行@九州だばい』のPart5です。
このままのペースではこの旅行から1年経過してしまうぜ!リズムに乗るぜ!(やらないフラグ

続きを読むからどうぞ!




■あらすじ
IMGP2072.jpg
別府の残りの地獄を巡り、関門海峡で昼食を取った一行は、一旦九州を離れ山口へと向かったのであった…





2013年3月11日(月) 17:00 <地底王国・美川ムーバレー>

IMG_1587.jpg

とっても怪しい雰囲気の施設、『地底王国・美川ムーバレー』に到着!(失礼w)
公式サイトでも、『謎の地底空間テーマパーク』と銘打ってますw

何でも日本一「タングステン」という鉱物が取れた鉱山の跡をテーマパーク化したらしいw
今夜はこちらでアクティビティ&宿泊です。

公式サイト:謎の地底空間テーマパーク 地底王国・美川ムーバレー



2013y11m03d_161354949.jpg
(クリックで拡大)

ここのためだけに、九州を抜け出して山口の岩国まで来ましたよw
その旨と、『横浜から卒業旅行で来た』と施設の方に言ったら凄く喜んでくれていました(笑)





17:30

ひとまず宿泊する部屋で荷物を降ろし、施設内のレストランで夕飯を食べます。
この日に宿泊するのは自分達(6人)のみで貸し切り状態でしたw



IMG_1590.jpg

IMG_1593.jpg

量もお味も十分満足出来ました。
夕食付プランで良かったーw(周りは本当に何もない山奥だし…w)



IMG_0336.jpg

料理を食べながら、ふと窓の方へ目をやると、今夜のアクティビティをする場所が見えました。
うん、実に怪しいw





19:00

2013y11m03d_120628169.jpg
(画像は公式サイトより)

夕飯を食べ終わり、いよいよメインイベント(アクティビティ)のナイトツアーなるものに繰り出します。
受付に行くと…

○90分以内になぞなぞ解いて出てこいや!出口には鍵閉めてあって、解けないと出られねえからな!
○洞窟内だけど照明は一切点いていないから、渡した懐中電灯使えや!
○毎年、に落ちる人がいるから気い付けや!
○6人だから、2人のペアを3組作って時間差で行きーや!


とのことを説明されました(↑みたいな口調ではなく丁寧でしたよw)



『まぁ正直、なぞなぞといっても「パンでも食べられないパンは?」ぐらいで余裕っしょ!雰囲気を楽しむんだべ!』

そう思っていた頃が私にもありました。

ということで、トランプでペアを作り時間差を点けて出発することにしました。
ペア作りの結果、私のぺアはMちゃんになりました(何か不正があったように見えたけど…w)
Mちゃんは、しばしば私のことを「パパ」と呼んでいて、私はMちゃんを娘のように扱っていますw

残りは男女ペア1組・野郎ペア1組になり、

①男女ペア
②野郎ペア
③な&M


の順番で出発することにしました。①のペアは平静を装って入っていき、
15分後ぐらいに②の野郎ペアは手をつないで暗闇へ消えていきました。(あっ…(察し))



19:45

最後に自分達が入場。

本当に真っ暗で何も見えない。

何か本物のコウモリいるし…w

ところどころにある『なぞなぞ』難しいし!



な「Mちゃん、水の音するから濡れないように気を付けてね」

M「うん、パパも気を付k」

ボチャッ

M「あっ」

な「いわんこっちゃない!まったく手のかかる娘d」

ボチャッ


な「あっ」


水深は1,2cmでしたが靴が濡れましたw
他に湖みたいなところもありましたが、さすがにそこにはロープが張られていました。



21:40

な&M「タイムリミットの90分(21:15まで)過ぎてる!出られん!」

レンジャー「はーい、お疲れ様です。救助に来ましたよ。」


90分を過ぎると、レンジャーが助けに来てくれるらしいw
結局なぞなぞを解き切れず、ここを出てからレンジャーにそれぞれを解説をしてもらいました。

ちなみに、他のペアの結果は…
①:見事解き切って60分ほどで脱出。レンジャー達も舌を巻いていたそうだw
②:95分ぐらい経ったところでレンジャーに救出されたとのこと。


①と②のペアは脱出後、なかなか自分達が出てこなかったので、色々勘繰っていたらしい。
実際はトンチンカンなところへ行っていて、レンジャーに発見してもらうのが遅れただけなんですけどw


そんなこんなで、ナイトツアーは終了。
翌日、今回歩いた洞窟内に照明が点き、その全容を見ることが出来るらしい。

それを楽しみに風呂等を済ませ、一行は宿にて眠りにつくのであった…(Part6へ続く)

関連記事

[ 2013/11/03 17:56 ] 旅&おでかけ | TB(0) | CM(2)
②:アッー!(感嘆)
引き続きの執筆お疲れ様です。

鉱山をテーマパーク化とはまた斬新ですね。
(ん?タングステン?中学の時に聞いたことがあるような……)

宿泊とセットで地底冒険とは……。なんとも冒険心を掻き立てられる内容!
本物のコウモリまで飼育(?)とはw 地底は水浸しになっているとこのことで、容赦ない感じもしますが、とてもリアルなアトラクションですね。

時間切れでゲームオーバーというのも、簡単にクリアできないからこそ燃えるという意味でゲーム性があっていいように思えます(笑)

あと、お鍋が美味しそうですね……。
このコメントを打っている今は、こちら台湾でも風が冷たくなってきているので、
日本でのお鍋が恋しいですw
[ 2013/11/20 07:32 ] [ 編集 ]
>>LIBELさん

返信がかなり遅くなり、申し訳ございません!

かなーり独特の施設でしたw
本当に半分人工・半分自然という感じでダイナミックで面白いところでした!
確かに時間制限は、よりゲーム性を出していましたね^^
スタッフの方の雰囲気作りもバッチリで、本当に熱中できました(笑)

鍋も、山口なのにきりたんぽ?と、思いましたが美味しかったです!
[ 2014/04/05 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]保険の事がもっと知りたい ページランクアップに最適 PSP、DS、んでTAKEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。