ニュース、旅行記、日記等を気まぐれ更新。リンクはフリーです。コメント、相互リンク大歓迎^^
プロフィール

なかゆう

Author:なかゆう


旅行好きな新社会人です。
いいセンスを追求していきます。

総来場者数
現在閲覧している人
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Amazonでテレビを購入。実際に届いた物は・・・

アマゾン


どうも!

暑さもピークを過ぎた感じがします。
夏物の服も安くなってきて、街中に出るのが楽しいです(笑)

さて、今回は大手通販「Amazon」で起きた珍事件。
日本だったら大変なことです。詳細は続きを読むからどうぞ。

















AFP BB News 8月9日の記事より引用

【8月9日 AFP】米首都ワシントンD.C.(Washington D.C.)の男性が、米国の大手通販サイト、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)でカラーテレビを注文したところ、代わりに高性能のセミオートマチック・アサルトライフルが届けられた。警察は誤配達の経緯を調査している。

ホービッツさんは地元テレビ局「Fox 5」に次のように語った。「彼ら(警察)は最初、少し混乱した様子だった。前例のないことだったらしい。私のことについて質問をした後、『この武器をここに置いておくことは違法なので、われわれが引き取る』と伝えられた。車で輸送するのは違法なので、返品はできないそうだ」


テレビを注文して銃が届くなんて、この男性は相当驚いたでしょうね。

しかし、『車で輸送するのは違法』な銃がどうして届いたのでしょうか。
配達員はこの男性宅に特殊車両等で配達したわけでもないだろうし・・・




関連記事

[ 2012/08/10 22:36 ] ニュース | TB(0) | CM(2)
まさに、どうしてこうなったw
ま、まさか、DREBIN'S SHOP?w

一体、どういう経緯でテレビと銃が入れ替わったのか全くわかりませんねw
本当に、日本ではなくアメリカでまだまだよかった方ですw

でもアメリカでは本当に銃を販売してます(種類に制限はあるようですが)し、"自分の身は自分で守る"という名目で、銃の携帯が許可されてますからね……。
自分の身は自分で守るという心構えには賛同できますが、だからといって誰でも銃を所持していいというのは本末転倒ですよね。
ちょっとした揉め事で人が死ぬだなんて……。

[ 2012/08/14 04:03 ] [ 編集 ]
DREBIN'S SHOP!笑

本当にアメリカで良かったですw
今回は事無きで終わりましたが、アメリカ=銃社会という事実を改めて認識した気がします。
簡単に銃が手に入り、ちょっとした揉め事で人が死ぬというのは本当に怖いですね。
[ 2012/08/16 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]保険の事がもっと知りたい ページランクアップに最適 PSP、DS、んでTAKEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。