ニュース、旅行記、日記等を気まぐれ更新。リンクはフリーです。コメント、相互リンク大歓迎^^
プロフィール

なかゆう

Author:なかゆう


旅行好きな新社会人です。
いいセンスを追求していきます。

総来場者数
現在閲覧している人
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつ病治療ゲーム カウンセリングと同効果

url.png


どうも。
最近眠くなるの早いです、はい。

と、いうことで今回はうつ用に設計されたゲームの効果が結構あったよというお話。
詳細は続きを読むからどうぞ。

















AFP BB News 2012年4月20日の記事より引用

子どものうつ病治療用に設計されたコンピューターゲームに、1対1の対人カウンセリングと同程度の治療効果があるとの実験結果が、19日の英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)に発表された。

ニュージーランド、オークランド大学(University of Auckland)のサリー・メリー(Sally Merry)准教授率いる研究チームは、うつ病と診断された平均年齢15.5歳の子どもたち94人を対象に、ファンタジーを題材とした3Dゲーム「SPARX」の効果を調べる実験を行った。

SPARXは4~7週間かけて7つの課題に挑戦するゲームで、その過程でプレーヤーは怒りや傷心への対処方法と、否定的思考をいかに前向きな気持ちへと変えていくかを学んでいく。

3か月間このゲームで遊んでもらった後に、うつ病の程度を複数の指標を用いて測ったところ、少なくとも対面式カウンセリングと同程度の効果があることが判明した。

さらに、7つの挑戦のうち4つ以上を完了した子どもの44%が、うつ病を完全に克服した。一方、従来の治療法を続けたグループでは、完治率は26%だった。

論文は、ゲームによって「うつ症状や不安、絶望感が減少することが臨床的に有意なレベルで確認され、生活の質が向上した」と結論付けている。

なお、被験者の80%が他の人にもこのゲームを勧めたいと答えたが、従来の治療も同じくらい高い割合の支持を得ている。(c)AFP



どのようなゲームなのでしょうか。気になります。

>7つの挑戦のうち4つ以上を完了した子どもの44%が~
途中でやめてしまった子もいたということ?それとも難しくて期間内に終わらなかった?

色々気になる発表でした。
関連記事

[ 2012/04/22 23:58 ] ニュース | TB(0) | CM(3)
じゃゲームばっかりやってる僕はうつ病になりにくい・・・!!と思ったのですが
ちょっと違うみたいですね(笑

というかそもそも15才でうつ病になる子供とかいるんですね・・・
そっちのほうがなんか気になりました
[ 2012/04/23 22:39 ] [ 編集 ]
ゲームは地球を救う(?)
これぞゲームセラピーですね!w

僕もゲーム大好き人間で、できる限りのジャンルのゲームをやってます。
ゲームから学ぶことだって多いし、いい意味で人生に影響を与えもします。
そして、時には気分が沈んでしまう、いわゆる「鬱ゲー」というジャンルのゲームもプレイしたりしますw
こういうのは子供達にはお奨めできませんねw
[ 2012/04/25 23:22 ] [ 編集 ]
>>ORUDIOSさん

自分も元記事のタイトルを見たときにそう思いましたw

確かに15歳でうつ病は気になりますね。
学校や人付き合いで苦労はあるのでしょうが、将来社会に出たとき耐えられるのか心配ですね・・・。



>>LIBELさん

ええ、ゲームセラピーですw

ゲームは本やテレビとはまた違う世界観を演出できますし、確かに色々と学ぶものがありますよね。
鬱ゲーは情緒がある程度安定してからの方が良いかもしれないですねw
[ 2012/04/26 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]保険の事がもっと知りたい ページランクアップに最適 PSP、DS、んでTAKEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。