ニュース、旅行記、日記等を気まぐれ更新。リンクはフリーです。コメント、相互リンク大歓迎^^
プロフィール

なかゆう

Author:なかゆう


旅行好きな新社会人です。
いいセンスを追求していきます。

総来場者数
現在閲覧している人
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【yahoo知恵袋】ザル監視でも無反省【大学入試不正問題】

ブエナス・タルデス!(スペイン語)
さてさて、世界の挨拶シリーズを何となく続けています なかゆう でございます

今日はニュースでも大騒ぎになっている大学入試不正問題について
京都大学が会見を行いました。しかし、正直呆れました・・・

詳細は【続きを読む】からどうぞ









zakzakより抜粋

 京都大など4大学の入試問題が流出した問題で、偽計業務妨害の疑いで京都府警に逮捕された男子予備校生(19)は、ネットへの投稿を自分1人で行ったと供述、試験官の監視を完全にすり抜けていたことが明らかになった。予備校生の行為は言語道断だが、大学側の監視態勢もザル状態だったわけだ。

 しかし・・・「監督態勢は万全だった。それをかいくぐったのであれば、新たな対応を考えていい」
3日午後に会見した京大の松本紘総長は、監視態勢に不備があったのではないかとの質問に、語気を強めて反論した。京大は、教室の収容人数に応じて2-10人の試験官を配置していたという。しかし、その後に逮捕された予備校生の供述から、監視がいとも簡単に“かいくぐられた”ことが明らかになった。教育評論家の尾木直樹・法大教授はこう語る。
「あの態度に京大の非常識さ、社会性のなさが現れています。試験官の本来の仕事は、『この場では不正などできない』という厳正な雰囲気を会場の隅々まで行き渡らせること。京大は、その仕事を全うできなかったわけで猛省するべきです」

 仮に落ち度がなかったとしても、他の受験生を動揺させたことへの謝罪があるべき。「何もしないということは私大では考えられない」と尾木氏は憤る。

 携帯電話に詳しい木暮祐一・武蔵野学院大准教授は、「京大に限らず、試験官の責任者は比較的高齢の先生方が多く、ハイテク化する不正についていけない現実がある」と指摘。「これまでの経験則から監視態勢が万全と言い切るのではなく、どの大学も先鋭化した手口には対策が不十分であることを素直に認めるべきでしょう」と語る。

 一方、ある国立大関係者は「現場の試験官が一番恐れるのはカンニングそのものではなく、カンニングを指摘した際に一騒動が起きて、周りの受験生から文句が出ること。これを恐れて、不正の摘発を半ば放棄する人がいてもおかしくない」と話す。

 京大の試験官がどうだったかは定かでないが、予備校生は調べに対し、「座席が教室の隅で、試験官の死角になっていた」と語っており、やはり監視態勢はザルだったとみるべきだろう。




記者「携帯を操作してカンニングが出来るというのは、監視情勢に不備があったからなのでは?」

京大「監督態勢は万全だった。それをかいくぐったのであれば、新たな対応を考えていい」



結局、監督不備=ザル状態だったことは認めず。これはおかしいですよね、明らかに筋が通っていません。現実に試験会場で携帯を操作してカンニングが行われたのですから。監督する=不正を行わせないということではないのでしょうか。それに京大のコメントがどこか他人事のように話しているよう聞こえてしまいます。

予備校生の行為は全国の一生懸命に頑張ってきた受験生やその関係者に対する冒涜と言っていいと思います。決して許されることではないですよね。また、試験会場の監督の方も受験生を信頼しているからこそ、このカンニングに気付けなかったのかもしれません。なので、

「何で不正行為に気付けなかったんだよ、馬鹿野郎!」

などとは言いません。しかし、不正が行われたことに対して監督不備があったということを認め謝罪することは、他の真面目にやってきた受験生のことを考えれば至極当然のことであると思います。真面目に必死に書いた答案にも疑いの目が向けられたのですから。

ただでさえ受験生の方達は憤っているのに、なぜ火に油を注ぐようなことをするのでしょうか。
素直に監督不備を認めれば、ほとんどの人は怒らないと思いますが・・・。
他大学の教授の方達もおっしゃっていますが、京大は常識というものがあまりに欠如していると思います。
関連記事

[ 2011/03/05 01:50 ] ニュース | TB(0) | CM(3)
こんばんは^^

いつもご訪問ありがとうございます(*´∀`*)
沖縄旅行から無事に帰ってこれました(*´∀`)ノ
後日になりますが、
旅行の報告をしたいと思っておりますので、
また遊びにきてねぇ~(o^ ^o) /
[ 2011/03/05 22:28 ] [ 編集 ]
≪カンニングだ!誰か来てくれ!≫
一番の問題はカンニングを行った生徒ですが、
今回の件は、それを許してしまったにも関わらず、落ち度を認めない試験官らに問題がありますね。
今日、初めて知った追加情報ですと、不正を行ったその予備校生は、
携帯電話の本体を見ずに正確にメールの文章を打つことができ
そのために毎日の授業中も隠れてその練習をしていたそうです。
(机の中に携帯を入れて打っていたんでしょうか?)
その予備校生の不正の手口はかなり巧みで、極めて特殊なケースと言えますが、
少なくとも片手が怪しい位置に行っているはずなので、受験生1人1人の挙動をしっかりと確認していれば
発見できなくもないかとは思えますが……。

年々、技術が進歩するにつれ、カンニングに限らず様々な不正行為が多様化してきていますが、
試験官も、それに伴う不正行為の"防止"や"発見"、あるいは"目立ちやすくする"など、
様々な対策を講じた監視体制で臨んで欲しいものですね。
それこそ、受験に挑むかのような気概で……。
[ 2011/03/06 18:22 ] [ 編集 ]
>>ノッツッツさん

お疲れ様です!
旅行記楽しみにしていますね^^
東北旅行もお気をつけて!


>>LIBELさん

そのような技術を予備校生が持っていたとは知りませんでした!そんな練習を積む暇があるのなら勉強をすればよいのに・・・

そうですね、受験に挑むかのような気概!
それぐらいの体制で行ってほしいです
[ 2011/03/08 21:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]保険の事がもっと知りたい ページランクアップに最適 PSP、DS、んでTAKEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。