ニュース、旅行記、日記等を気まぐれ更新。リンクはフリーです。コメント、相互リンク大歓迎^^
プロフィール

なかゆう

Author:なかゆう


旅行好きな新社会人です。
いいセンスを追求していきます。

総来場者数
現在閲覧している人
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スパムメール

ipod用にそこそこのイヤホンを買ったなかゆうです
さて、今日はPCメールにスパムメールが届いていました
当然そのままゴミ箱行きなのですが
ヒマだったので、少しスパムのことについてググっていました


すると、「スパムメールは儲かるのか?」
という興味深い記事を見つけたので、今日はそれを紹介します



以下、IT+PLUSより引用
元記事




スパムメールに迷惑している人は多い。ほとんどの人は、スパムメールを受信しても無視しているはずだ。しかし、スパムメールは日々送られてくる。よっぽどお金が儲かる仕組みでもあるのだろうか。(宮島理)

 スパマー(スパムメールの送信者)にもいろいろある。悪意あるプログラムをばらまくためにスパムメールを用いているスパマーもいれば、それが合法・非合法な商品かはさておき、ネットショップの売り上げを伸ばすため(あるいはアフィリエイト・プログラムを介した売り上げを伸ばすため)にスパムメールを宣伝手段に使うスパマーもいる。また、スパムメールの配信を請け負う業者や、メールアドレスを売買する業者も存在する。

 ここでは、スパムメールを宣伝手段に使うスパマーや、スパムメールの配信業者が儲かるのか、儲からないのかを見ていこう。

 まず、スパムメールを宣伝手段に使うスパマーについては、国際コンピュータサイエンス研究所とカリフォルニア大学サンディエゴ校が詳細な実験を行っている。実験結果は、リポート「Spamalytics: An Empirical Analysis of Spam Marketing Conversion」(http://www.icsi.berkeley.edu/pubs/networking/2008-ccs-spamalytics.pdf)として昨年発表された。

 実際にスパムメールでどれだけ儲かるのかを調べるには、ネットショップを立ち上げ、スパムメールで宣伝をし、客足や売り上げを記録するのがいい。「スパムを査定する最善の方法は、スパマーになること」というわけだ。そこで、架空のネットショップなどを作り、スパムメールを使って宣伝する実験が行われた(実験内容は法律に触れないよう配慮された)。

 ネットショップを舞台にした実験では、26日間で3億4759万389件のスパムメールを送信した。サイトに訪問するという反応があったのはわずかに1万522件。そのうち、実際に商品を購入した(購入する動作をした)のは、28件だった。これは送信件数の0.0000081%でしかない。売り上げは2731ドル88セントだった。

 では、これで儲けは出るのだろうか。仮に、スパマーがネットショップを直営せず、アフィリエイト・プログラムを通して宣伝していたとすると、売り上げの半分しか手に入らないから、この時点で約1400ドルになる。

 スパムメール送信を業者に頼んだ場合、100万件当たり80ドル弱のコストがかかる。約3億5000万件送信した場合には、2万5000ドル以上の費用になる。これでは、当然ながら大幅な赤字となってしまう(さらにインターネット利用の諸経費も別にかかる)。

 売り上げが約1400ドルであったことを考えると、スパムメール送信費用が20分の1にならないと採算が取れない。この結果だけを見ると、スパマーはまったく儲からないどころか、大赤字を垂れ流しながら世間に迷惑をかける、訳のわからない存在でしかないように思える。

 ただ、スパマー自身がスパムメール送信システムを自前で構築していれば、コストは大きく下がる可能性があると同リポートは指摘する。

 実際、スパムメール送信システムを持っているスパムメール配信業者は、それなりに儲けているようだ。ジーデータ・セキュリティラボが先月発表したリポート「ジーデータマルウェア白書2009 社内PCへのマルウェア侵入手口」では、次のように業者の実態を記している。

 「たとえば、14日間にわたって200万通のメールを送信する場合、スパム送信業者ソロモンでは約2万円(195ドル)でサービスが提供されています。また同様にメールアドレスも取引されており、2000万件ものメールアドレスが約5万円(495ドル)で販売されています。(略)ジェレミー・ジェインズは、当時、世界で8番目の規模のスパム配信を行うスパマーでしたが、彼の1カ月の収入は約7500万円(75万ドル)にものぼりました」

 もちろん、スパムメールを配信する行為は、世界中でさまざまな規制がかけられている。儲かる、儲からないに関わらず、違法な活動が許されないことは言うまでもない




まぁあれか
くれぐれも法に背くようなことはやらないでくださいってことですね
後者の目的のスパムメールは
なんかダイレクトメールとそんなに変わらない気もするけど
記事の通り、悪質なプログラムをばらまく目的の物も
ありますから来たらすぐに破棄する方がベターですね
関連記事

[ 2009/10/15 23:12 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]保険の事がもっと知りたい ページランクアップに最適 PSP、DS、んでTAKEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。